驚異の150連勝投資術IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー

前受け金がいらない唯一のネット専業証券会社 

驚異の150連勝投資術IPO(新規公開株)を手に入れようセミナー

講義内容

第一部 (90分)
1. 新規公開株(IPO)とは
 ・1999年以降の動きと概況
2.IPOの流れ
 ・新規承認~上場日までのスケジュール
 ・仮条件、条件決定のスケジュールとブックビルディングへの参加時期
 ・払い込み、上場日
3.目論見書、情報の入手とチェックポイント
 ・情報入手の方法
 ・目論見書のここだけはチェック
 ・第三者割当増資の推移
4.IPOを手に入れるために何をするべきか
 ・IPO情報の収集方法
 ・証券会社、証券マンとの付き合い方
 ・証券会社内で行われる公募株の振り分け方とは?
 ・年間3回までの暗黙のルール
 ・IPO銘柄を着実に手に入れる人たちが実践するテクニックを紹介
(証券口座はいくつ開設しているか?証券マンとはどう付き合うか?等々)
5.市場によって異なる初値の付き方、売買注文の手法
 ・ジャスダック市場の値付け特性
 ・取引所の板寄せ
 ・指値注文と成り行き注文


第二部 (60分)
1.初値を予測するポイント
 ・公開株数(公募・売出)の見方
 ・市場と資金調達額のバランス
 ・業種、市場、業績、第三者割当増資の発行価格
2.初値売り、初値買いの判断
 ・地合いと初値形成
 ・市場によって異なる初値形成
 ・オーバーアロットメントとは
3.上場後の短期投資手法と投資判断
 ・初値買いできる銘柄
 ・上場初日の出来高と終値の読み方
 ・社長会見と今後の業績
4.株価急騰銘柄、成長銘柄の見分け方
 ・事業領域の新規性
 ・上場がメリットとなる銘柄
 ・東証マザーズ銘柄が人気化する理由
5.成長銘柄に中長期投資しよう
 ・上場後初めての決算発表と株価の将来性
 ・第二のヤフーを探す
 ・時間というリスク、時間というリターン


第三部 (30分)
・質疑応答でIPOの全てを公開!

講師

鮎川良(あゆかわりょう)先生

立命館大学卒業後、地方新聞社、帝国データバンク、金融専門紙記者などを経てマーケット・ウォーク設立。
新規公開株(IPO)情報の先駆けとして「東京IPO」サイトを制作、現在はQUICKを通じて全国の証券会社に独自のIPO情報を配信する一方、金融誌での連載、個人向け「IPOファンクラブ」などを運営。

◆著書

IPO新規上場株投資のすすめ
IPO投資に関する日本で始めての本格的な書籍として発売後好評を得ている。

edit


投資用語集  外貨投資  キャバクラ  キャッシング