トップファンドマネージャーが教える四季報CD-ROMスクリーニングセミナー

トップファンドマネージャーが教える四季報CD-ROMスクリーニングセミナー

講義内容

1. 基礎的な説明
 ・投資で負ける理由(1)
 ・投資で負ける理由(2)
  (投資で勝つにはどうすればよいか?
  ・我慢
  ・ポジションサイジング
  ・投資における優位性
  ・方法論
  ・ファンダメンタルズ投資の優位性。あるいは優秀な人に任せる
  ・リスクの排除(詐欺リスクなど)

2. テクニック 1部
株式投資で高パフォーマンスをあげる方法 
極端な銘柄を選択すると、極端な結果が出る可能性が高い
 ・2-1. 個別株に注目していく方法 ボトムアップ編 
  ・スクリーニング+定性的判断を用いた方法
 ・2-2. バリュエーション指標がなぜ有効なのか
  ・スクリーニングを使った投資法
  ・スクリーニングを使った投資法がなぜ有効なのか 
  ・スクリーニング例1 割安株
  ・スクリーニング例2 割安成長株
  ・スクリーニング例3 成長株
  ・スクリーニング例4 ファンド組み入れ銘柄
  ・スクリーニング例5 高配当銘柄
 ・2-3. 過去の高パフォーマンス株の例
 ・2-4. 好成績ファンドの組み入れ銘柄を買う方法

3. テクニック 2部 トップダウン編
 ・2の続き(多分時間が足りないと思われますので)
 ・3-1. マクロ経済指標を使う方法 債券と株式の利回りの差(イールドスプレッド)
  ・債券/株式
  ・金利と株式市場
  ・大型株/小型株指標
  ・バリュー/グロース指標
  ・人口動態
  ・セクターローテーション 出遅れセクター

講師

オムライス先生

アナリストを3年経験したあと、外資系投資顧問会社で03年春から04年秋まで日本株米国投資信託を運用。この間、50%のパフォーマンスを上げ、Topixを10%アウトパフォームし、モーニングスター社ランキングの日本株ファンドのトップクオーター(上位25%)に頻繁に登場した。現在ヘッジファンド運用会社の代表取締役を務める。

edit


投資用語集  外貨投資  キャバクラ  キャッシング