9年間平均年率60%を達成した男からサンプルケースで学ぶ売買基準、売買タイミング実践法

300万からはじめて22歳で資産1億円達成!!9年間平均年率60%を達成した男からサンプルケースで学ぶ売買基準、売買タイミング実践法

【講義内容】

理論の習得

実態価値より安い価格で買う様々な基準を知り、企業分析方法、売買タイミングなど、投資戦略策定方法を学びます。

上昇期待の大きい株式の条件は?
1、株価が企業価値を大きく下回っている株
2、今期の増益が期待できる企業の株
3、長期的に事業環境が有望とみられる企業
4、強いビジネスモデルを有する企業
5、株価の需給が良い株

この条件にあてはまる企業を探すために次を調べます。
6、エコノミックプロフィットによる企業価値算定
7 、ビジネスの強みと実績を分析
8 、中長期的な企業をとりまく事業環境の分析
9 、株式需給の分析

ケーススタディー

10 、3,500を超える上場企業から機械的スクリーニングで投資候補企業を選ぶ。
11 、企業価値算定により本当に安い株を見つける。
12 、この企業は何をしてどうして儲けられてきたのかを知る。
13 、今後の事業環境と経営者の姿勢を考える。
14 、戻り売りの多い株は避ける。

【講師】

田久保 龍(たくぼ・りゅう)

早稲田大学政治経済学部卒業
大手投資顧問会社勤務後独立起業
現在TAKUBO INVESTMENTS株式会社 代表取締役
年齢 24歳

著書「株のプロは何を買っていつ売るのか?」

15才のときに映画「WALL街」を見て主演のゴードンゲッコーに
憧れ株式投資の世界に入る。
株を買うために、300万円貸してくれと親に頼むものの当然却下。
しかしどうしても、ゲッコーへの憧れ、株式投資を始めたいとの気持ちから、その後数ヶ月、株の書物を読み漁り「なぜ儲かり、どうしたら株で勝てるか」をこの時に習得、これで何とか親も説き伏せ300万円から株式投資を開始。
(高校卒業までには借金は完済)

現在でも変わらない投資の基本スタンスである
企業価値と株価の乖離を突く投資手法はこの時以来。
以後、22歳で1億円を突破するまでに株で成功を収める。

edit


投資用語集  外貨投資  キャバクラ  キャッシング